主婦でもお金を借りたい!!

主婦がお金を借りたい時には借りることができるのか?

 

 

生活費が足りない!
消費者金融や銀行のカードローンもしくはクレジットカードのキャッシングから借りたいというケースは起こりうることです。

 

クレジットカードを持っていればキャッシング機能でお金を借りられます。
クレジットカード以外にも主婦がお金を借りたい時に、借りられる金融会社はあるのでしょうか。

 

 

 ■収入のある主婦の方の場合

 

 

一定の条件を満たせば、主婦でもお金を借りることができます。
☆20歳以上
☆安定した収入があること

パート収入でも借り入れが可能なのはアコム、レイク、モビットです。
※アコムでは、パートの他にアルバイト・派遣社員で、一定の収入が見込めて返済能力があると判断されたら借り入れが可能です

 

最近、専業主婦をしながら在宅ワークのような副業をして、パート収入に近い報酬を稼ぐ人も増えていて、
専業主婦でも自宅で仕事ができる環境にあり、月に3万円〜5万円の報酬を1年以上貰っている人も存在します。
借り入れには、副業で稼いだ報酬が「一定の収入」と判断されるかどうかがポイントになるようです。
安定した報酬が見込める方であれば、消費者金融に相談してみるのも一つの手段となります。
今までの審査の基準でいうグレーゾーンであった人が増えていくことで、
金融会社の判断がとても興味深く基準も少しずつ変化してくるかもしれません。

 

 

 

 ■収入のない主婦の方の場合

 

収入のない専業主婦は消費者金融の借り入れは基本的には不可能となります。
借り入れが可能になるサービスはあるのでしょうか。

 

専業主婦の方でも、お金を借りた分を夫の収入から返すのであれば特に問題ないように思えますが、
金融会社のお金の借り入れ条件では「借り入れ希望の当人に収入があること」という前提があります。

 

夫の収入で返済するとしていても、夫の収入が突然途切れてしまったらどうやって返済してもますか?貯金を崩して返済できる範囲ですか?
結果的にはお金を返せないとなると専業主婦には「返済能力がない」と繋がり、消費者金融での信用がもらえず、結果借り入れができない状態になるのです。

 

普段から使っている銀行のカードローン
キャッシングの金額が30万円〜50万円以内であれば、
三菱東京UFJ銀行のバンクイックもしくは、みずほ銀行カードローンがおすすめです。
楽天銀行もおすすめで、「スーパーローン」キャッシング額も上限50万円で、収入が少ない環境であっても、お金の借り入れは可能です。
楽天会員であればポイントも貯まり、メリットが大きいです。

 

auユーザーの方限定にはなりますが・・・
auのサービスでケーブルの契約している家庭の場合は、
「じぶん銀行」で通信費を引き落としていますよね。
じぶん銀行の「じぶんローン」は上限30万円までキャッシングが可能です。
年利率は2.2%〜17.5%と高めですが、スマートフォンから申し込みができ、即日融資は可能なサービスです。
auユーザーの方であれば、このサービスを利用するのも一つの手です。

 

 

生活費の範囲内で借り入れ金を返済できる金額であれば、
ネット銀行のカードローンを使えば、専業主婦でもお金は借りることが可能で、
専業主婦でも、ご主人に内緒でお金を借りることができるサービスは存在します。

 

 

■産休中だけどお金を借りたい場合

 

 

主婦がお金を借りたいときに見るサイト

もともと共働きのご家庭では、産休に入ると、奥さんの収入が減り、旦那さんの収入だけで家計をやりくりをすることになります。
また、出産や育児にむけての準備にお金がかかるので、
「旦那の収入だけじゃ回らない」という事態になった時に、カードローンでお金を借りるケースも多いようです。
収入がゼロとなるとお金を借りたいと思っても、消費者金融では審査が落ちる不安も否定できません。

 

産休中にお金をを借りたい時には、どこのカードローンであれば審査が通るのでしょうか。

 

奥さんが産休中は、いずれは会社に職場復帰をする予定でも、
現在の収入はゼロで、「無職」の状態であることがネックになります。
会社に復帰をしてある程度の収入を見込めると言っても
部署移動や、時短勤務などによって収入が以前よりも少なくなることも考えられます。

 

大手の消費者金融の借り入れは収入の1/3までの金額と決まっているため、育児の準備費用に必要な金額が借りられないことがあるのです。

 

会社に勤めていても、収入がゼロの状態は消費者金融の審査では「専業主婦」と同じ扱いになり、審査が通らないことも可能性としては十分にありますので、
出来れば、消費者金融の借り入れは避けたほうが良いでしょう。

 

産休中に借り入れ可能なカードローン
銀行のカードローンが利用できます。
消費者金融では年収の1/3以上の借り入れをしないという「総量規制法」に基づいて融資業務をしています。
その「総量規制法」の縛りがないのが、銀行のカードローンです。
三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」
・夫の収入があれば「無職」の状態でも申し込める

 

・口座があればWEB完結で申し込みが可能

 

・200万円以下の借り入れなら収入証明書は不要

 

・口座があれば、返済月に自動引き落としになる

 

・審査が通れば即日?3日以内に借り入れができる

 

・土日祝は銀行のテレビ窓口での手続きができる

 

 

信用を得るために

 

銀行のカードローンの審査は、消費者金融より比較的厳しく「無職」の状態がどう審査に響くは消費者金融同様に借りる側にとっては不利な状況になる可能性は否定できません。

 

しかし、産休が終わり会社に復帰をしてどのくらいの収入を見込めるかをシミュレートし、見込んだ金額を銀行に伝え、いかに「返済能力」があるのかを信用させることが、カードローンの審査を通るポイントです。